2013年04月25日

「パピーミル」をご存じですか?



米国ではペットショップに子犬を卸すためにたくさんの繁殖犬を抱える
パピーミル”が、数多く存在している。

子どもを作るためだけに集められた犬たちは、
ほぼ一生を狭い檻の中だけで過ごし、
繁殖能力がなくなると保護団体へ引き取られるケースもあるが、
中には安楽死処分にされる犬も少なくないそうだ。

今年3月、アーカンソー州の“パピーミル”から引き取り依頼を受け、
保護したのがリジーだった。
彼女は縦横18インチ(約46センチ)というスペースの檻の中だけで
12年間生き続け、保護された。

保護から間もなく、リジーに必要な処置を講じた後、
団体は彼女に初めて外を歩かせてみた。
リジーはその後、コロラド州の里親への引き取りが決まり、
治療の甲斐もあって急速に力をつけるほど元気になり、
芝生にも慣れ、現在は駆け回っているという。

ペットを所有してる人は、この実態をほとんど知らない。


記事引用元: ナリナリドットコム


リジーを思いっきり抱きしめてあげたい。

リジーには、里親さんの家庭で
絶対に幸せになってほしいと心から祈らずにはいられない。



posted by ダーリン & sippo(お母たん) at 00:00| Comment(6) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動画を見て、エッどうしたの?とあわてて文を読んだら、涙があふれてしまいました。
リジーの過した12年間を思うと辛いですね。
今は幸せに過している様子に安心しました。
こんな風に飼っている方が居るなんて許せないわね。
Posted by ゆり at 2013年04月25日 09:34
>ゆりさん、ありがとう!!

すべては、人気犬種を手軽に買い求めようとする飼い主に原因があるんです。
悪徳業者が後を絶たないのは、残念でなりませんね。

Posted by sippo at 2013年04月26日 20:14
sippoさん、こんにちは。

動物をモノとしか見ていないということですね。犬の寿命を考えるとリジーはもうすっかりお婆さん。その生きてる時間のほとんどが46cm四方の中だったなんて。それなのにリジーは保護されて幸せな方なんですよね?

↓バラの開花が待ち遠しいです。
今年の冬は寒かったので虫が少しは少ないと聞きましたがいかがですか?
Posted by jugon at 2013年04月27日 14:10
>jugonさん、ありがとう!!

悲しい現実ですね、、、
保護されたリジーは、まだまだ幸せです。

バラに虫が付きにくいのは、気候のせいでしたか〜。なるほどぉ!
Posted by sippo at 2013年04月27日 21:43
こころは2年間外に出ることがなくて可哀想だと思ってたけど
リジーちゃんは12年間も・・・
可哀想過ぎるリジーちゃん、言葉がみつかりません。

保護されて本当に良かった。

Posted by ここ母 at 2013年05月02日 21:05
>ここ母さん、ありがとう!!

こころちゃん、ここ母さんの家族になって今はとっても幸せですね。

ペットブームの裏事情をこの仕事に携わってより深く知りました。
リジーちゃんの今後の幸せを祈らずにはいられませんね。
Posted by sippo at 2013年05月03日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。